釧路新聞Title 過去記事お悔やみネイチャートピックス読者投稿写真投稿
購読案内会社案内フォトサービスリンク集
黒線
2015年12月18日 10時08分更新
サイト内 ウェブ  
釧路新聞 ON THE WEB SITE Top Page


2015年12月18日

伊福部昭氏の生涯を一冊に


  釧路市出身の音楽家・伊福部昭氏の評伝「生の岸辺〜伊福部昭の風景」が、このほど藤田印刷エクセレントブックス(藤田卓也社長、本社・釧路市)から発刊された。藤田社長は「伊福部さんの生涯を多くの市民に知ってほしい」と話している。著者は、札幌在住の詩人・美術評論家の柴橋伴夫氏。柴橋氏は伊福部氏が残した「芸術が最後にインターナショナルになるためには、まず地方的になければない」という言葉の意味を探るため、伊福部氏のルーツ、因幡国宇倍神社(鳥取県)や釧路、十勝管内音更、札幌、厚岸など生まれ育った地を丹念に取材した。藤田社長は「ゴジラのイメージが強い伊福部さんは哲学人であり知の人だったことを読み取ってくれれば」と述べている。同書は3000円(税別)。コーチャンフォー釧路店など主な書店で販売。


トップページへ

  0 このページのトップへ