釧路新聞Title 過去記事お悔やみネイチャートピックス読者投稿写真投稿
購読案内会社案内フォトサービスリンク集
黒線
2017年05月24日 09時56分更新
サイト内 ウェブ  
釧路新聞 ON THE WEB SITE Top Page


2017年05月24日

マリモの神秘に触れる、阿寒湖小6年生が観察会


  NPO法人阿寒湖のマリモ保護会(小林道之会長)と釧路市教委は23日、釧路市阿寒湖小学校の児童を対象にしたマリモ観察会を開いた。立ち入る機会がほとんどない同湖の生息地で実際にマリモに触れるなど、神秘に満ちた生態や環境保全の大切などを学んだ。  観察会は今年で24回目となる歴史ある取り組みで、参加したのは6年生8人。児童たちは、普段立ち入りが厳しく制限されている前田一歩園財団の管理地へバスで移動。キネタンペ湾と並ぶ生息地のチュウルイ湾へ向かい、阿寒湖漁協の漁船に乗り込んで湖底に生きるマリモを観察したり触ったりしたほか、市教委マリモ研究室の若菜勇室長の説明に耳を傾けた。


トップページへ

  0 このページのトップへ